出会えないサイトというレッテル貼り

「実は出会えるサイトである可能性」を捨てるようなことがないようにしなければいけません。
特に男性は、圧倒的にサイトの会員数が多いことから、本当は良いサイトを捨てていることだってあり得ます。
ネットは良い情報がたくさん転がっていますが、誤っている情報も多いです。
変なレッテル貼りで出会い系サイトを見ないことをおすすめします。

あくまでも感想

今から利用する出会い系サイトをネットで検索して、使うかどうかを検討するという判断はとても賢明です。
しかしそれだけで出会い系サイトを判断してしまうと、本当は優良サイトを捨ててしまうことにもなりかねません。
たとえば「出会えないサイト」というクチコミがあったとしても、それは単なる利用者の感想にしか過ぎません。

その利用者がうまく出会うことができなかった、出会うチャンスがあったのに、それを見逃すことになったという想定も必要になります。
うかつに悪いサイトとクチコミだけで判断するのは危険です。


優良サイトは決まっている

もうすでに利用者が安全に利用できるサイトというのは決まっていますので、その情報と照らし合わせて、利用するサイトを検討することをおすすめします。
悪いサイトと判断してほしいのは、優良サイトリストから漏れたようなサイトです。
そのようなサイトは、サクラが常駐し、悪質業者が運営しています。
優良サイトから利用するサイトを決めるようにするのが良い判断だと言えます。

使い方次第でどうにでもなる

18歳未満の女性と出会ってニュースになる男性がいますが、そのような男性は悪質業者が運営しているサイトでたまたま出会ったことになります。
その理由は、あくまでも健全なサイトというのは18歳以上しか利用できません。
その確認をせず18歳以下の少女を招き入れたことになります。
このように使い方次第で出会いがいくらでもあることがわかります。

利用者の使い方が悪くて、良いサイトが悪いサイトと評価を得ていることもあります。
そのことは無視しないようにしましょう。